MENU

閉じる
 

アミノペプチド(食事療法食)|ペットグッズの最安値比較・くちコミ|わんチョイス!

スマホメニュー

アミノペプチド

概要と最安値比較

アミノペプチドの最安値比較 04月16日 00:06更新!

1

アミノペプチドの概要・特徴

ロイヤルカナン 犬用 アミノペプチドフォーミュラ

食物アレルギーによる皮膚疾患・消化器疾患の犬に

アミノペプチドフォーミュラは食物アレルギーの犬のために作られた特別な療法食です。同会社の別シリーズの「低分子プロテイン」よりもタンパク源がさらに小さく、フェザーミール、コーンスターチなどを使用しているため、限りなく100%近くアレルゲンを排除するよう配慮されています。(消化がよいとすぐに分解されるため、分子が小さくなり、体が「アレルギーの原因だ!」と認識する確率が下がるためです。)そのため、すでに食べ物アレルギーがある犬にアミノペプチドフォーミュラをあたえて症状が改善した場合は食べ物アレルギーである可能性が強く考えられます。

その製造は徹底されていて、アミノペプチドフォーミュラを製造する際には他のタンパク質が混入しないように、製造ラインを清浄化するほどです。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/food_allergy/

食物アレルギーの原因

食物アレルギーの原因は、食べ物に含まれるタンパク質がおもな原因と言われています。どのタンパク質がアレルギーの原因となるかは1頭1頭異なります。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/food_allergy/

食事療法食のポイント

  • 消化の良いもの
    消化が良いものはすぐに分解され分子が小さくなるので、免疫細胞がアレルギーの原因だと認識する確率が下がります。
  • 今までに摂取したことがないタンパク質
    初めて食べるものに対しては食べ物アレルギーは起こらないので、今までに食べたことのないタンパク質(新奇タンパク質)を原料として使っているものを与えることがポイントです。
  • おやつや人の食べ物を与えない
    厳密にタンパク質をコントロールするために、おやつや人の食べ物を含め、療法食以外のものは何も与えないようにしましょう。
  • 継続と相談
    皮膚が新しい皮膚に生まれ変わるスパンはおよそ1ヶ月と言われています。食事療法食での治療を始めてから1ヶ月くらいは変化が現れなくても根気よく続けましょう。また、獣医師の診察を定期的に受け、症状が改善しているかどうかの判断を仰ぎ、自分の判断で食事を変更したりしないようにしましょう。

 

アミノペプチドフォーミュラ ドライ

糖吸収速度の遅い炭水化物(大麦)を使用し、その量も制限されています。また、糖の吸収速度を遅くするためゲル化作用のあるサイリウム等の食物繊維を配合しています。


アミノペプチドフォーミュラ ドライ 1kg 3kg

原材料

コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、ココナッツオイル、大豆油、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油、動物性油脂、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン、DL-メチオニン、ヒスチジン)、ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

摂取カロリー

388 kcal/100g

商品一覧食事療法食