MENU

閉じる
 

減量サポート(食事療法食)|ペットグッズの最安値比較・くちコミ|わんチョイス!

スマホメニュー

減量サポート

概要と最安値比較

減量サポートの最安値比較 04月16日 00:06更新!

2

減量サポートの概要・特徴

ロイヤルカナン 犬用 減量サポート

減量を必要とする犬のために

減量サポートは減量が必要な犬のために特別に調合された食餌療法食です。カロリー制限をしつつも必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルなどが十分に摂取できるように調整されています。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/

なぜ太ってしまうのか

上記の計算式のように、「摂取カロリー(食べたもの)」から「消費カロリー(使ったもの)」を引いたものが「貯蔵カロリー(増えるもの)」として残ります。貯蔵カロリーが多ければ体内の脂肪として蓄えられることになります。犬は元来「与えられたものは全て食べる」生き物です。これは遥か昔まだ犬が野生だった頃、群れのリーダーが最初に食べた獲物の残りを他の犬が競争で食べていて、「食べられる時にとにかく食べる(そして早く食べる)」ことが犬の習性だからです。

犬に必要なカロリー量

成人男性の1日に必要な摂取カロリー量はおよそ2,500キロカロリーです。これに対して体重5kgのトイプードルが必要とするカロリーは350キロカロリーです。350キロカロリーは大盛りのごはんをお茶碗1杯分食べるのと同じカロリーです。これを通常1日に2回にわけて食べるので、1回に必要なカロリーは175キロカロリーと、さらに少なくなります。「ちょっとだけ」とベーコンをあげたりすると、それだけでかなりのカロリーを摂取してしまいます。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/

肥満を防ぐために

  • おやつをあげすぎないようにする
    おやつのあげすぎによる肥満が多く見られます。お母さんが1つ、お父さんが1つ、子供が1つあげていると、それだけでかなりのカロリーを摂取してしまっているようなケースが多くあります。
  • 適切な食事療法食でカロリーを制限する
    一般のフードの量を減らしてダイエットしようとすると、必要な栄養素がうまく摂取できなくなりがちです。ダイエットに考慮された食事療法食を使うことにより、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素はそのままに、カロリーだけを抑えることができます。また、満腹感をえられるように配慮した製品も多いので、食事がストレスになることも少ないです。

 

減量サポート


減量サポート 1kg 3kg 8kg

原材料

肉類(鶏、七面鳥)、小麦、植物性繊維、ビートパルプ、コーングルテン、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、加水分解動物性タンパク、動物性油脂、魚油、サイリウム、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、E、コリン、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

摂取カロリー

312 kcal/100g

減量サポート ウェット缶


減量サポート缶 195g 195g×12缶

原材料

肉類(豚、鶏、七面鳥)、豚レバー、乾燥卵白、米、魚油、ビートパルプ、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールドミール(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、増粘多糖類、ミネラル類(Ca、P、Mg、Na、K、Cl、Zn、Fe、Mn)、アミノ酸等(タウリン、L-カルニチン)、ビタミン類(C、E、B1、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、D3、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)

摂取カロリー

56 kcal/100g

商品一覧食事療法食