MENU

閉じる
 

PHコントロール(食事療法食)|ペットグッズの最安値比較・くちコミ|わんチョイス!

スマホメニュー

PHコントロール

概要と最安値比較

PHコントロールの最安値比較 04月16日 00:06更新!

5

PHコントロールの概要・特徴

ロイヤルカナン 犬用 pHコントロール(ペーハーコントロール)

下部尿路疾患(ストルバイト結石症、シュウ酸カルシウム結石症)の犬に

尿のpH(ペーハー)が酸性に傾きすぎたり、アルカリ性に傾きすぎたりすると、尿の成分が結晶となることがあります。pHコントロールはアルカリ性に傾きすぎた時にできるストルバイト結石症やシュウ酸カルシウム結石症など下部尿路疾患の犬に与えるために作られた療法食です。マグネシウムやミネラルなど、結石の構成成分を制限し、また、尿が弱酸性になるように栄養バランスが調整されています。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/urinary/

下部尿路疾患とは

「おしっこがたまる膀胱」から「おしっこが出る尿道」までの間で起こる疾患を総称して「下部尿路疾患」と呼びます。犬では尿路結石が最も多く見られる病気です。尿がアルカリ性に傾きすぎることで、結石ができ、膀胱や尿路、尿道などを傷つけてしまう病気です。炎症が起きて血尿が起きたり、尿路が完全に詰まってしまうと死に至ることもある恐ろしい病気です。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/urinary/

結石の治療

犬では尿路結石がメスで多い傾向にあります。オスは外部から膀胱に向かって細菌が入り込んでくることはあまりありませんが、メスの場合尿道が短いので膀胱に細菌が感染しやすいので、感染に伴って尿路結石ができやすいためだと言われています。そしてメスでは小さな尿石は尿と一緒に出ることが多いので、発見が遅れがちで、見つかった時にはすでに大きな尿石が出来上がっていた、という状態になりがちです。

ストルバイト結石の場合は、尿がアルカリ性に傾くことで起こるので、食事によって尿を酸性化することで尿を溶かすことができます。そのため食事療法と内科的な治療(薬など)を組み合わせて「石を溶かす」ことで治療を行います。ただし、大きくなりすぎてしまって溶けきれないときには外科的に膀胱を切開するなどの手術をして取り除くこともあります。

尿路結石にならないためのポイント

  • 尿路結石に配慮した食事に変更する
    おしっこの中にミネラル分(マグネシウムなど)が多いとそれらを原料とした結石ができやすくなります。例えば最も多い尿結石である「ストルバイト」の結晶は正式名称を「リン酸アンモニウムマグネシウム」といい、尿中のリン酸とアンモニウムとマグネシウムが作り出す結晶です。これらを制限した食事をあげることで、尿路結石ができにくい尿にすることができます。
  • お水をよく飲むようにする
    私たち人間でも、朝起きた時(体の水分が少ない状態)やお水を飲む量が少ないと、とても濃い、黄色いおしっこが出ます。濃いおしっこ、というのは結晶化が起こりやすい状態なので、尿路結石ができやすい環境とも言えます。お水のお皿を複数の箇所においてあげたり、新鮮なお水によく変えてあげたり、ドライフードではなくウェットフードをあげることによって水分摂取量を増やすことができます。
  • おしっこを我慢させない
    おしっこを我慢させると、膀胱におしっこが止まる時間が長くなるので、その分結晶化しやすくなります。お散歩でしかトイレをしない子は、こまめにお散歩をしておしっこの回数を増やしてあげたり、猫の場合はトイレをきれいにしてあげることでおしっこのときのストレスを減らしてあげたりしましょう。

 

pHコントロール ドライ


pHコントロール ドライ 1kg 3kg 8kg

原材料

米、コーンフラワー、動物性油脂、肉類(鶏、七面鳥)、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-トリプトファン)、ミネラル類(Cl、Na、K、P、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

摂取カロリー

387 kcal/100g

 

pHコントロール ウェット缶


pHコントロール ウェット缶 200g 200g×12個セット

原材料

鶏肉、鶏レバー、コーン、コーングルテン、サンフラワーオイル、魚油、セルロース、ミネラル類(Ca、P、Na、K、Cl、Zn、Fe、Mn、Cu、I)、増粘多糖類、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、調味料(アミノ酸等)、ビタミン類(E、コリン、B1、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、D3、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)

摂取カロリー

128 kcal/100g

 

pHコントロール スペシャル ドライ

小型犬にもあげやすいように、粒の大きさが小さくなっています。

pHコントロール スペシャル ドライ 1kg 3kg 8kg

原材料

米、コーンフラワー、肉類(鶏、七面鳥)、動物性油脂、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、卵パウダー、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、ポリリン酸ナトリウム、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ミネラル類(Cl、Na、K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

摂取カロリー

386 kcal/100g

 

pHコントロール ライト ドライ

カロリー12%オフ、高タンパク、高食物繊維なので、空腹になりにくいよう配慮されています。

pHコントロール ライト ドライ 1kg 3kg 8kg

原材料

米、コーンフラワー、肉類(鶏、七面鳥)、植物性繊維、コーングルテン、動物性油脂、加水分解動物性タンパク、チコリー、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、卵パウダー、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、Na、K、P、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

摂取カロリー

331 kcal/100g

 

pHコントロール ウェットパウチ


pHコントロール ウェットパウチ 150g 150g×20袋

原材料

鶏肉、豚肉、鶏レバー、小麦粉、コーングルテン、サンフラワーオイル、セルロース、魚油、マリーゴールドミール(ルテイン源)、ミネラル類(Ca、P、Na、K、Cl、Zn、Fe、Mn、Cu、I)、増粘多糖類、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン)、調味料(アミノ酸等)、ビタミン類(E、コリン、B1、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、D3、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)

摂取カロリー

92 kcal/100g

商品一覧食事療法食