MENU

閉じる
 

糖コントロール(食事療法食)|ペットグッズの最安値比較・くちコミ|わんチョイス!

スマホメニュー

糖コントロール

概要と最安値比較

糖コントロールの最安値比較 04月16日 00:06更新!

2

糖コントロールの概要・特徴

ロイヤルカナン 犬用 糖コントロール

糖尿病の犬や軽度の肥満の犬に

膵臓で作られるインスリンは、血液中の糖(ブドウ糖)を細胞内にとりこみ、エネルギーに変えるのを促進しています。このインスリンがなんらかの原因で不足したり(I型)、インスリンはあってもうまく作用しなかったり(II型)すると、血液中に糖分が残ってしまい、体のいろんなところで障害をおこします。例えば水を飲む量がとても多くなって尿量が3倍に増えたり、ごはんを食べているのに痩せてきたり、白内障になったりします。これを防ぐためには糖分をゆっくり吸収したり、食物繊維を多く含む食事をする必要が有ります。

このような病的な状態では、尿中に糖分がでるため、糖尿病といいます。


出典:http://www.royalcanin.co.jp/

ロイヤルカナンの糖コントロールは糖尿病の犬に与えることを目的として、特別につくられた食事療法食です。糖の吸収速度の遅い大麦由来炭水化物を原料として使い、タンパク質を増量しています。

糖尿病の食事療法について

糖尿病の治療は血糖値をどうコントロールするかが鍵になります。血糖値は日常の食事の影響を強く受けるので、食事管理をきちんとすることが重要です。犬に多いI型糖尿病(インスリンが出なくなるタイプ)ではインスリンを投与することが最も有効な治療方法ですが、食事療法もその一助となります。

  • 炭水化物の吸収スピードをかえる食事
    血糖値があがるのはおもに炭水化物の作用なので、消化スピードが異なる複数の炭水化物を使用することで、血糖値が急激に上昇しないような工夫がされている食事を与えます。
  • 食物繊維をとる
    食物繊維の消化には時間がかかるので、吸収速度をゆっくりにしてくれる作用があります。
  • 脂肪の量を制限する
    肥満や高脂血症に配慮して脂肪を控えめにします。

 

糖コントロール ドライ

糖吸収速度の遅い炭水化物(大麦)を使用し、その量も制限されています。また、糖の吸収速度を遅くするためゲル化作用のあるサイリウム等の食物繊維を配合しています。


糖コントロール ドライ 1kg 3kg 8kg

原材料

肉類(鶏、七面鳥)、大麦、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、植物性繊維、動物性油脂、タピオカ、ビートパルプ、加水分解動物性タンパク、魚油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(K、Cl、Zn、Mn、Fe、Cu、I)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

摂取カロリー

345 kcal/100g

 

糖コントロール ウェット缶


糖コントロール ウェット缶 195g 195g×12缶

原材料

肉類(豚、鶏、七面鳥)、レバー(鶏、七面鳥)、セルロース、コーン、ビートパルプ、サンフラワーオイル、マリーゴールドミール(ルテイン源)、増粘多糖類、L-カルニチン、アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(Zn、Ca、P、Mg、Na、K、Cl、Fe、Mn、Cu、I)、ビタミン類(コリン、E、C、B1、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、D3、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)

摂取カロリー

73 kcal/100g

商品一覧食事療法食